リターンライダーのためのツーリングとレースを安く手軽に楽しむサイト

#01 エアクリーナーエレメントの取り外し

湿式エアクリーナーエレメントをバイク車体から取り外す前に、エアクリーナーケース(ボックス)のカバーを開けられるようにサイドカバーやシートなどの外装パーツを取り外します。その後、エアクリーナーケースからエアクリーナーエレメントを抜き取ります。

【作業時の注意点】
エアクリーナーケース(ボックス)の取り付け位置は、バイクごとに若干異なります。エアクリーナーケースの位置が不明な場合は、対象バイクのサービスマニュアルをご参照ください。

【使用バイク】
ホンダ CRM250R(R)

メンテナンス手順

Step 1 : サイドカバーを取り外す

Step 1 : サイドカバーを取り外す

エアクリーナーを取り外すために何のパーツを取り外す必要があるのかを、サービスマニュアル等で事前に調査します。通常、サイドカバー(バイク側面のゼッケンプレート)かシートを取り外すことでエアクリーナーケースにアクセスすることができます。

CRM250R(R)の場合は、サイドカバーを取り外します。CRM250R(R)は整備性を重視した設計になっており、サイドカバーとエアクリーナーケースのカバー(蓋)はツールを使わなくても取り外すことができます。

Step 2 : エアクリーナーを取り外す

Step 2 : エアクリーナーを取り外す

エアクリーナーケースのカバーを開けて、中に入っているエアクリーナーを取り出します。エアクリーナーケースとカバーとの接合部分には埃や泥が溜まりやすいため、カバーを開ける前にそれらを清掃しておきます。

エアクリーナーケース内部に埃や泥が入ってしまうと、それらがキャブレターやFI(フューエルインジェクション、燃料噴射装置)やエンジンに行き渡ってしまい、キャブレターやFIやエンジンを著しく劣化させてしまいます。よって、出来る限り埃や泥をエアクリーナーケース内に入り込まないように、気をつけながら作業を行います。

Pocket

ご意見・ご要望をお聞かせください

EXCITING GARAGEとは?


EXCITING GARAGE(エキサイティング ガレージ)は、リターンライダーのためのツーリングとレースを安く手軽に楽しむサイトです。

さらに詳しく