リターンライダーのためのツーリングとレースを安く手軽に楽しむサイト

#01 なぜリヤブレーキペダルを踏むとブレーキが利くの?

リヤブレーキペダルを踏むとキャリパーピストンが外に押し出され、ピストンに触れている片側のブレーキパッドも押されます。また、片押し式キャリパーの場合、キャリパーがスライドすることによりもう片側のブレーキパッドも押されブレーキが利きます。

【使用バイク】
ホンダ CRM250R(R)

使用する主なツール

ヘックスソケット
ヘックスソケット
ラチェット
ラチェットハンドル
ドライバー
ドライバー
ソケット
ソケット

動作原理

事前準備 : リヤキャリパーとブレーキパッドを取り外す

事前準備 : リヤキャリパーとブレーキパッドを取り外す

リヤキャリパーとブレーキパッドを取り外して、キャリパーピストンの作動状況が観察できるようにします。今回使用しているホンダ CRM250Rのリアブレーキは油圧ディスクブレーキで、片押し式の1ピストン(ブレーキパッドを押すピストンが1つだけしかない)タイプです。

Step 1 : リヤブレーキペダルを踏むとキャリパーピストンが出る

Step 1 : リヤブレーキペダルを踏むとキャリパーピストンが出る

リヤブレーキペダルを踏むとほんの少しですがキャリパーピストンが外に押し出されます。その際、リヤブレーキペダルを数cm移動させても、キャリパーピストンが押し出される距離は1mmにも満たない程度です。

Step 2 : キャリパーピストンがブレーキパッドを押す

Step 2 : キャリパーピストンがブレーキパッドを押す

キャリパーピストンと片側のブレーキパッドは直に接していますので、キャリパーピストンが押し出されると片側のブレーキパッドも押されます。

Step 3 : ブレーキパッドがブレーキディスクを挟む

Step 3 : ブレーキパッドがブレーキディスクを挟む

片押し式キャリパーの場合、ブレーキキャリパーがスライドすることによりもう片側のブレーキパッドも押されますので、両側のブレーキパッドにてブレーキディスク(ディスクブレーキ)を挟むことでブレーキが利きます。

Pocket

ご意見・ご要望をお聞かせください

EXCITING GARAGEとは?


EXCITING GARAGE(エキサイティング ガレージ)は、リターンライダーのためのツーリングとレースを安く手軽に楽しむサイトです。

さらに詳しく