リターンライダーのためのツーリングとレースを安く手軽に楽しむサイト

#08 ビートストッパーの位置調整とネジの締め付け

ホイールにタイヤを組み付けた後、チューブに空気を入れてビートを上げ(ホイールの端とタイヤを密着させ)チューブ内の空気を一旦抜きます。その後、バルブとビートの位置を微調整し、再度チューブに空気を入れます。

パンク修理に慣れていない方がよく遭遇するトラブルは、組み付けたタイヤのビートが正常に上がっていないため(ビートがホイールの適切な場所に位置していないため)ホイールの振動が以前よりも大きくなるケースです。また、チューブが噛んでいる(ホイールとビートの間にチューブが挟まっている)ことに気づかずに再度パンクさせてしまうケースもあります。

使用バイク:ホンダ CRM250R(R)

Pocket

ご意見・ご要望をお聞かせください

EXCITING GARAGEとは?


EXCITING GARAGE(エキサイティング ガレージ)は、リターンライダーのためのツーリングとレースを安く手軽に楽しむサイトです。

さらに詳しく