リターンライダーのためのツーリングとレースを安く手軽に楽しむサイト

#01 チューブの取り出し

タイヤレバーを使用してスポークホイールからタイヤを外し、チューブを取り出します。力任せにタイヤを外すと非常に疲れる上に、タイヤのビート部分を壊したり、タイヤレバーでタイヤ内のチューブを破ったりすることがよくありますのでご注意ください。

【使用バイク】

ホンダ CRM250R(R)

使用する主なツール

タイヤレバー
タイヤレバー

メンテナンス手順

Step 1 : チューブバルブとビートストッパーのナットを外す

Step 1 : チューブバルブとビートストッパーのナットを外す

タイヤチューブの空気を抜いた後、チューブバルブとビートストッパーを固定しているナットを外します。

特に、ビートストッパーはタイヤがリムから外れないようにするためのパーツですので、ビートストッパーを緩めていないとタイヤからリムを取り外すことはできません!

Step 2 : 両側のビートをリムの上面に上げる

Step 2 : 両側のビートをリムの上面に上げる

二本もしくは三本のタイヤレバーを使用して、ビート(リムと接しているタイヤの端部分)をリムの上面に上げていきます。

タイヤの片面が終わったら、もう片面も同じようにビートをリムの上面に上げます。この作業によって、リムはタイヤの内側に入り込むことができるようになります。

Step 3 : タイヤを立ててリムを引き抜く

Step 3 : タイヤを立ててリムを引き抜く

タイヤを立てて、リムを下方に押し込みます。こうすると、リムがタイヤの内側に入り込むことによりタイヤ上部とリム上部の間に隙間ができます。その後、この隙間付近のリムを引き抜くと、すんなりとタイヤからリムを取り出すことができます。

なお、この時点ではタイヤチューブはタイヤの中に残ったままになっています。

Pocket

ご意見・ご要望をお聞かせください

EXCITING GARAGEとは?


EXCITING GARAGE(エキサイティング ガレージ)は、リターンライダーのためのツーリングとレースを安く手軽に楽しむサイトです。

さらに詳しく