リターンライダーのためのツーリングとレースを安く手軽に楽しむサイト

#13 フロントフォークの取り付け

フロントフォークの突き出し量を確認しながら、フロントフォークをバイク車体に取り付けます。その後、ブレーキキャリパやスピードメータギヤボックスなどを取り付けます。

【使用バイク】
ホンダ CRM250R(R)

使用する主なツール

ノギス
ノギス
ソケット
ソケット
ラチェット
ラチェットハンドル
T型ハンドル
T型ハンドル
めがねレンチ(ボックスレンチ)
めがねレンチ(ボックスレンチ)
ドライバー
ドライバー

使用する主な用品

耐水性グリース
耐水性グリース
キッチンペーパー
キッチンペーパー
スレッドコンパウンド
スレッドコンパウンド

メンテナンス手順

Step 1 : フロントフォークを取り付ける

Step 1 : フロントフォークを取り付ける

フロントフォークをバイク車体に取り付ける際には、フロントフォークの突き出し量に注意してください。この突き出し量によってフロントフォークの特性が変化してしまうため、ノギスを使用して正確に測定します。

CRM250(R)の場合、サービスマニュアルにて標準値5mmと規定されています。

Step 2 : スピードメーターギヤボックスを取り付ける

Step 2 : スピードメーターギヤボックスを取り付ける

未舗装路を走行する場合、スピードメーターギヤボックスに埃や水が入りやすいため、古いグリースを拭き取った上で新しい耐水性グリースをギヤボックス内に詰め込みます。はみ出したグリースは飛び散らないように、キッチンペーパーなどで拭き取ります。

Step 3 : ブレーキキャリパーを取り付ける

Step 3 : ブレーキキャリパーを取り付ける

ブレーキキャリパーをフロントフォークに取り付けるためのボルトは、ブレーキキャリパーからの熱で固着しやすいため、固着防止のためにこのボルトにスレッドコンパウンドを塗って締め込みます。

Pocket

ご意見・ご要望をお聞かせください

EXCITING GARAGEとは?


EXCITING GARAGE(エキサイティング ガレージ)は、リターンライダーのためのツーリングとレースを安く手軽に楽しむサイトです。

さらに詳しく