リターンライダーのためのツーリングとレースを安く手軽に楽しむサイト

#08 ダストシールとオイルシールの取り付け

ダストシールとオイルシールをスライドパイプに取り付ける前に、サランラップや薄いビニール袋をスライドパイプの段差部分に被せます。その後、ダストシールとオイルシールの内側にシリコングリスを塗り滑りやすした上で、スライドパイプに取り付けます。

【作業時の注意点】
ダストシールとオイルシールをスライドパイプに取り付ける際、スライドパイプの段差部分でダストシールとオイルシールの内側(スライドパイプと接する面)を傷つけてしまうことがよくあります。もし傷つけたことを知らずにそのまま組み付けてしまうと、その傷口よりフォークオイルが漏れ出してしまう恐れがあります。

【使用バイク】
ホンダ CRM250R(R)

使用する主なパーツ

フロントフォークシールセット(ダストシール、オイルシール)
フロントフォークシールセット(ダストシール、オイルシール)

メンテナンス手順

Step 1 : スライドパイプの段差をラップフイルムで保護する

Step 1 : スライドパイプの段差をラップフイルムで保護する

スライドパイプにオイルシールとダストシールを通す際に、スライドパイプの段差でオイルシールとダストシールの内側を傷つけてしまうことがあります。これらの内側が傷ついてしまうと、フロントフォークオイルが漏れる原因となります。

よって、スライドパイプにオイルシールをスライドパイプに通す前に、スライドパイプの段差部分にサランラップなどのラップフィルムを被せ、そのラップフイルムの表面が滑りやすいようにシリコングリースを薄く塗ります。

Step 2 : ダストシールを取り付ける

Step 2 : ダストシールを取り付ける

ダストシールの内側を傷つけないように、ダストシールをスライドパイプに通す前にダストシールの内側にシリコングリースを塗ります。ダストシールをスライドバイプに通す際には、必ず外面及び内面を判定して通してください。

なお、ダストシールは外面と内面を間違えて通すとアウターチューブに挿入できないため、もし間違って通しても挿入の際に気づくことができます。

Step 3 : オイルシールを取り付ける

Step 3 : オイルシールを取り付ける

オイルシールの内側を傷つけないように、ダストシールと同様にスライドパイプに通す前にオイルシールの内側にシリコングリースを塗ります。オイルシールをスライドバイプに通す際にも、必ず外面と内面を判定して通してください。通常、メーカー純正のオイルシールを購入すると、外面と内面の判定方法が記載された説明書が同封されてきます。

なお、オイルシールは外面と内面を間違えて通してもアウターチューブに挿入できてしまいますので、外面と内面を判定する際には特に注意してください。

Pocket

ご意見・ご要望をお聞かせください

EXCITING GARAGEとは?


EXCITING GARAGE(エキサイティング ガレージ)は、リターンライダーのためのツーリングとレースを安く手軽に楽しむサイトです。

さらに詳しく