リターンライダーのためのツーリングとレースを安く手軽に楽しむサイト

プロのカメラマンからのアドバイス3:撮影用照明機材を導入する

分かりやすい解説動画を制作するために、先日プロのカメラマンに相談してみたところ、壁を黒く塗り有孔ボードを設置した方がいいとのこと。よって、さっそく実施してみました。

 プロのカメラマンからのアドバイス1:壁を黒く塗る
 プロのカメラマンからのアドバイス2:有孔ボードを設置する

プロのカメラマンからの3つ目のアドバイスは、撮影用照明機材を2セット導入することです。
これまでは、ガレージ上部に設置している蛍光灯のみで撮影していましたが、この環境では見せたいモノ(バイクやパーツ、ツールなど)に正面(ビデオカメラを設置している方向)から光が当たらずに見難くなっているとのこと。

ということで、撮影用照明機材2セットを購入しました!
プロ用の機材はものすごく高いので、アマチュア用のクオリティがちょっと残念な感じの機材ですが(笑)、実用的には問題なさそうです。

【導入した撮影用照明機材2セット】
install stage light 1

【撮影用照明機材2セットを用いた撮影テスト】
install stage light 2

プロのカメラマンに「話し手(私)の表情が暗く見えるんだけど、どうしたらいいの?」と尋ねたところ、
「化粧するしかないね」
だと。

いやー、さすがに化粧は… (汗)
いい表情で解説できるように、撮影前日はたっぷりと寝るようにします!

Pocket

ご意見・ご要望をお聞かせください

EXCITING GARAGEとは?


EXCITING GARAGE(エキサイティング ガレージ)は、リターンライダーのためのツーリングとレースを安く手軽に楽しむサイトです。

さらに詳しく