リターンライダーのためのツーリングとレースを安く手軽に楽しむサイト

2stバイクのギヤが入りづらいのは、ミッションオイルが原因かも

2スト(2st)のバイクに乗っていて、ミッションオイル(ガソリンと一緒に燃焼させるエンジンオイルとは別物)を交換した覚えがない方は、ご注意ください! ミッションオイルが劣化したまま乗り続けると、ミッションにダメージを与えてしまいます。

今回は、2ストローク(2スト、2st)エンジンのバイクから劣化したミッションオイルを抜き取り、その後に新しいミッションオイルを注入する方法を動画にてご紹介します。

ミッションオイルを交換することで、ギヤが以前のように入れやすくなることがあります。ただし、既にミッションにダメージがある場合は、ミッションオイル交換ではなくクランクケース内のパーツを交換する必要があります。

使用する主なツール

ソケット
ソケット
ラチェット
ラチェットハンドル

使用する主な用品

キッチンペーパー
キッチンペーパー

連載動画・記事

  • #01 ミッションオイルの抜き取り

    #01 ミッションオイルの抜き取り [5:09]

    2ストローク(2スト、2st)エンジンバイクのミッションオイルを抜く前に、5分間程度エンジンをかけてエンジンオイルを暖めることで抜きやすくします。その後、ドレンボトルを外してエンジンオイルを抜き取ります。

  • #02 ミッションオイルの注入

    #02 ミッションオイルの注入 [5:59]

    2ストローク(2スト、2st)エンジンバイクに新しいミッションオイルを注入する前に、ドレンボルトとオイルチェックボルト部分のシーリングワッシャ(ドレンコックパッキン)を新品交換します。その後、新しいミッションオイルを注入します。

Pocket

ご意見・ご要望をお聞かせください

EXCITING GARAGEとは?


EXCITING GARAGE(エキサイティング ガレージ)は、リターンライダーのためのツーリングとレースを安く手軽に楽しむサイトです。

さらに詳しく