リターンライダーのためのツーリングとレースを安く手軽に楽しむサイト

#02 ブレーキフルード抜き取りタンクの製作

必要な材料は、ビニールチューブとボトルだけです。ボトルのキャップに電動ドリルで穴をあけて、ビニールチューブを通して製作完了です! シンプルなツールですが、これがないとブレーキフルードを交換できないため非常に重宝するツールです。

【使用バイク】
ホンダ CRM250R(R)

使用する主なツール

電動ドリル
電動ドリル
センターポンチ
センターポンチ
ハンマー
ハンマー
ドリル刃
ドリル刃
ノギス
ノギス
ハサミ
ハサミ

使用する主な用品

耐油ビニールチューブ
耐油ビニールチューブ

※ ビニールチューブはガソリンやオイルによって劣化しやすいため、「耐油」のビニールチューブをご用意されることをオススメします。

メンテナンス手順

事前準備 : 耐油ビニールチューブを用意する

事前準備 : 耐油ビニールチューブを用意する1
事前準備 : 耐油ビニールチューブを用意する2

ブレーキキャリパーには、ブレーキフルードを抜き出すためのねじが用意されています。このねじはブリーダースクリューと呼ばれ、ねじ中央部分に穴があいています。ブリーダースクリューを緩めるとこの中央部分の穴からブレーキフルードが出てきますので、ブレーキフルード交換の際にはこのブリーダースクリューを開閉しながら作業を行います。当然ながら、ブレーキフルードを交換する時以外はこのねじは締め込まれています。

ブレーキフルードを交換する場合は、このブリーダースクリューにビニールチューブを取り付けて、ビールチューブのもう片方には古いブレーキフルードを集めるためのボトル(瓶)を取り付けます。このようにする理由は、ブレーキフルードがブレーキパッドやブレーキディスク、塗装された周辺パーツに飛び散らないようにするためです。なお、ブレーキフルードは塗料を劣化させる力が強いため、ブレーキフルードが飛び散ると周辺パーツの塗装が剥げやすくなります。

ブリーダースクリューに取り付けるビニールチューブを用意するために、ブリーダースクリューの外径とビニールチューブの内径を測定します。ご用意頂くビニールチューブの内径は、ブリーダースクリューの外径よりも少し(2〜3mm程度)小さくしてください。参考までに、CRM250R(R)のブリーダースクリューの外径は約7mmで、今回使用するビニールチューブは内径が4.5mm程度で外径が5.5mm程度です。

ビニールチューブはガソリンやオイルによって劣化しやすいため、「耐油」のビニールチューブをご用意されることをオススメします。

なお、取り出したブレーキフルードを受け取るためのボトル(瓶)も事前にご用意ください。インスタントコーヒーの瓶は、ボトル本体が透明なので取り出したブレーキフルードの状態を確認しやすく、なおかつキャップ(盖)がプラスチック製で加工しやすいためオススメです。

Step 1 : 穴をあける場所にセンターポンチを打つ

Step 1 : 穴をあける場所にセンターポンチを打つ

電動ドリルが回転している最中に刃の位置がずれてしまわないように、穴をあける前にセンターポンチを打ちます(ドリルの刃の先端が食い込むように、小さなくぼみを作ります)。

Step 2 : 電動ドリルでボトルキャップに穴をあける

Step 2 : 電動ドリルでボトルキャップに穴をあける1
Step 2 : 電動ドリルでボトルキャップに穴をあける2

ボトルキャップにあける穴はビニールチューブ外径よりもほんの少し小さくして、ビニールチューブが抜けにくくします。このような場合は、最初にビニールチューブの外径よりも0.5mm程度小さい刃を用いて穴をあけて、穴のサイズが足りなければ少しずつ(0.5mm程度ずつ)刃の外径を大きくしていきます。

Step 3 : ビニールチューブの先端を整える

Step 3 : ビニールチューブの先端を整える

ブリーダースクリューに取り付けるビニールチューブの先端が斜めになっていると作業が非常にしにくいため、この先端がまっすぐになるようにはさみで切ります。

Pocket

ご意見・ご要望をお聞かせください

EXCITING GARAGEとは?


EXCITING GARAGE(エキサイティング ガレージ)は、リターンライダーのためのツーリングとレースを安く手軽に楽しむサイトです。

さらに詳しく